No.124『放課後の優等生』

【媒体】アダルトコミック(199ページ) 【制作】2018年 【絵師】笹森トモエ 【発売】コアマガジン

No.124『放課後の優等生』
《※この作品の著作権は上記の製作者様等に帰属します》

【解説】
エロ漫画が必要最小限の色数を触媒として夥しい量のエロスを反応
させる物理法則を無視したメディアであることを知らしめる一冊。

《※『深窓の好奇心』P13から引用》
《※『深窓の好奇心』P13から引用》

《※『深窓の好奇心』P14から引用》
《※『深窓の好奇心』P14から引用》

《※『深窓の好奇心』P15から引用》
《※『深窓の好奇心』P15から引用》

《※『深窓の好奇心』P16から引用》
《※『深窓の好奇心』P16から引用》

《※『深窓の好奇心』P17から引用》
《※『深窓の好奇心』P17から引用》


《※『パラダイスファウンド前編』P4から引用》
《※『パラダイスファウンド前編』P4から引用》

《※『パラダイスファウンド前編』P5から引用》
《※『パラダイスファウンド前編』P5から引用》

《※『パラダイスファウンド前編』P6から引用》
《※『パラダイスファウンド前編』P6から引用》

《※『パラダイスファウンド前編』P7から引用》
《※『パラダイスファウンド前編』P7から引用》

《※『パラダイスファウンド前編』P8から引用》
《※『パラダイスファウンド前編』P8から引用》


《※『弓坂さんの場合』P3から引用》
《※『弓坂さんの場合』P3から引用》

《※『弓坂さんの場合』P4から引用》
《※『弓坂さんの場合』P4から引用》

《※『弓坂さんの場合』P5から引用》
《※『弓坂さんの場合』P5から引用》

《※『弓坂さんの場合』P6から引用》
《※『弓坂さんの場合』P6から引用》

《※『弓坂さんの場合』P7から引用》
《※『弓坂さんの場合』P7から引用》


《※『瀬田さんの場合』P4から引用》
《※『瀬田さんの場合』P4から引用》

《※『瀬田さんの場合』P5から引用》
《※『瀬田さんの場合』P5から引用》

《※『瀬田さんの場合』P6から引用》
《※『瀬田さんの場合』P6から引用》

《※『瀬田さんの場合』P7から引用》
《※『瀬田さんの場合』P7から引用》

《※『瀬田さんの場合』P8から引用》
《※『瀬田さんの場合』P8から引用》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です